しなければいけないことはしたいこと

 
休みの日など、これもしなければ、あれもしなければとため息がでることがありませんか?
ため息が大きなストレスを産みます。そんな時に言い聞かせます。“しなければ、ならないことはしたいこと”と、何度も何度も言い聞かせて行動をおこしましょう。すると、だんだん意欲的になってきます。そして、効率的に行動するために、頭はフル回転し始めます、頭を使う体を使う、人間としてのあなたが開発されます。難しいことに取り組むのではなく、雑用で自己開発ができるなんて、一石二鳥以上でしょ!
 
だめをしに、めんどくさいとおもったら、
“めんどくさいと思った瞬間ボケが始まる”
と鞭うって行動してください。
充実した一日が遅れるはずです。
 
但し、新しいことを習慣づけるのには、3日・3週間・3ヶ月、三日坊主にならないように、3週間で習慣づけて、3ヶ月で効果が一般にでてきます。あせらないで、根気よくやってみてくさい。やれば、かならず効果がでます。
 
この極意は、私には1ヶ月くらいですっかり身につきだしました。
洗濯したい、掃除したい、郵便局にいきたい、靴の整理をしたい、やりたいことだらけです。やる気でやれば、終えた時の満足感が違います。
是非、皆さんこの極意を身につけてください。
 
大きな問題よりもこうした日々のやりたくない、しなければいけない、と思うストレスの蓄積が心の重荷になり、やがて結果として身体にあらわれますヨ。
 
日野原重明先生の著にもありますが、
“習慣に早くから配慮した者は、おそらく、人生の実りもおおきい”
生活習慣を粋にこなしていきましょうね!
それが、熟年の域です。