依存心の強い女は心身が弱い・自立を目指せ

 
ょっと耳に痛い話しかもしれませんが、女性が充実した人生を生きるためには重要なポイントです。
依存心の強い女とは、結婚すれば女として幸せになれるとか、子供を産めば女の幸せが手に入るとか、病気になれば身内に面倒みてもらうとか、また、これを食べれば、あれを買えば健康になるとか、何かと依存しています。
自分自信で何とかしていこうとはせずにいつのも何か頼みです。
人生が平穏無事で何も問題が起きないのならまだしも、人生そんなに甘くありません。
さらに、依存心の強い女性は自分で問題に真正面から向き合っていません。
愚痴もおおく、自分が失敗してもその失敗を認め,深く反省もせず自分は間違っていないと自己肯定をします。問題がおきればその原因を追求せずに結果のみに振り回されてしまいます。依存心の強い人はしてくれるのがあたりまえという考えですから、人の有り難さも感じとることができません、いつの間にか高慢な人になってしまいます。 そうした人は、ただ歳をとっているだけで、精神年齢は決して高いとは言えないようです。
依存心の強い女 はいつも人だのみで自分で決断して実行していないので、いつも人の意見にふりまわさています。いつのまにか、自分が自分をどう思うかよりも人からどうみられているかが最大関心事になってしまって、 長い間にすっかり自分を見失ってしまいます。
さらに、こうした依存型人間は、人だのみ人生ですから、気力や精神力が弱いのでちょっとしたトラブルでも大騒ぎです。自分を見失っている訳ですから、自分自信を信用できないわけです。つまるところ自分の身体を信じることができません。ですから、身体のちょっとした異変にやはり、大騒ぎして医者にかけつけます。多額のお金を払って検査を受け、その結果は原因不明というケースを良く耳にしますネ。
よーくその原因を自分で追求して体が何をしてほしいのか、どうしてそうなったのか身体に問う事が大切です。
身体が作った病気は体が直す方法を知っているのです。
現代病といわれる癌、高血圧、糖尿病などほどんどが悪習慣病です。検査に一喜一憂するより、日々の生活の有り方を診直した方が身体の回復を早めると思いますが、いかがでしょう。
ひとつアイディアをお伝えしますね。身体は飢餓状態でフル回転します。ボクサーが食事制限をして餓死状態に近い状態で戦うのはそうしたことからです。猫でも犬でも具合が悪くなったら、何も食べずにじっとしています。そうすることによって、身体が回復に向かうために振る回転するのです。
身体の健康状態がもっともいい状態を0で5が死に至るレベルとすると3、4が病気と言う状態です。せめて、2や3になりかけに早く手を下せば、病気にはならない訳ですよね!
病気になってから大騒ぎするのではなく、病気にならないように自分見失わないように訓練しましょう。
そして、自分を信じられるようになるためにも、依存型の女性から、自分のことは自分でできる心身の自立した女性をめざしましょう。
自分を信じられる人は免疫力も高いはずです 
人生とは、人間としての修行の場であり、何が起きるか解らないのがまた人生です。そして、自分を成長させるのは自分しかいないのです。問題を一つ一つ乗り越えて行く事で人は成長し、自立していきます。心と体が共に自立してこそ健康で円熟した人生を送れるのでしょう。
自立した女性は、人頼みにしない、愚痴をこぼさない、自分を信じることができる、さあ、美しく健康であるために自立しましょう!
 
女の生き方極意格言 6
“依存心の強い女は心身が弱い・自立を目指せ”
人生の最後の日まで健康で行き抜く、心身の自立した人がふえれば、介護に苦しむ人が少なくなることは間違いありませんよね!